インドネシア ~スラウェシの秘境~ タナトラジャへ Part 4

3日目はタナ・トラジャの北部方面を訪れましたが、午前中に立ち寄ったボル市場が思いのほか面白かったのでこの市場をまずはご紹介させていただきます。

 

ランテパオの中心部からやや北にあるマーケットで、地元の人が日々利用しています。食用品市場の他、不定期に水牛・豚・闘鶏の市が催されるのが特徴です。 広大なグランドに水牛が集まってくる水牛市場は必見。お値段は、最も高価な水牛だと350万円以上の値がつきます。世にも珍しい水牛市場、価格の差はどこから生じるものなのか、トラジャの不思議な世界をまたひとつ覗ける場所と言えましょう。

 

またショッピングタイムとして、お土産にトラジャコーコーヒーやスパイス、お菓子を購入するにはタナ・トラジャでベストの場所です。

特に地元の黒糖で作った菓子は、日本の高級和菓子店の味に匹敵するような上品な甘さで、病み付きになりそうな風味があります。アジアやアラブでは、辛いもの好きな人たちは、同時に強烈に甘いものも好きなのが常ですが、この上品な甘さは予想外のこと、タナ・トラジャは食文化さえも奥が深いのです。

 






Staff Note
1,2.
食料品と日常雑貨は屋根のあるこちらの建物に収容されています。内部の通路は狭く、その左右に商品が山済みされた様は戦後の闇市がごとく、いかにもアジアの市場という雰囲気が満々。

 






Staff Note
3, 4.
さすがにトラジャ、地元の人が愛飲するコーヒーはいたるところで売られています。地元の人が好むのはロブスタ種、日本人が好むのはアラビカ種ですので、購入時にはお間違いのないように。

 






Staff Note
5, 6.
お勧めの、トラジャの地元の銘菓は黒糖やピーナッツが使われているものです。残念ながら写真はとらず。(土産で買って帰った後に食べて、その美味さに仰天!) 写真は山積みの“かりんとう”、これも黒糖の香り豊かな甘みを楽しめます。揚げたてが美味いので、買ったその場で食べましょう。

 






Staff Note
7,8.
鮮やかな真っ赤の色に目を惹かれるのはチリ。小さなピーマンみたいな形をしたこのチリは世界でも最も辛いとか。おじさんが頭に巻いている布も派手な赤色。マッチしています、カッコいい!

 






Staff Note
9,10.
野菜、魚類も豊富です。山間部のタナ・トラジャゆえ、一般的に川魚以外の魚を食べる習慣はないものと思い込んでおりました。海岸部からバイクで新鮮な魚を毎日運んでくるので、多種の海水魚が市場に並んでいます。

 










Staff Note
11,12,13,14.
屋外の広々としたグランドが水牛市場になっています。市が開かれる日には自慢の水牛を遠路からトラックで運んでくる人々も多く、賑わいを見せています。グランドが水牛で埋め尽くされている風景に圧倒されます。

 






Staff Note
15,16,
飼い主は水牛の体を水で洗い、入念に磨き上げます。トラジャ族の間では、水牛は耕作のための労働力ではありません。贈答するための家宝ですから、とっても大切に扱われます。


Staff Note
17.

毛並みが艶々で引き締まったボディ、男前の水牛を発見。



Staff Note
18.

買主はさすがにその道のプロ、体の隅々まで念入りにチェックしています。







Staff Note
19,20,
今回の市で最も高額な値段のついた2頭です。白くてピンクがかった体色の水牛はこれ一頭のみ。
もう一頭は角の形が逆向けです。珍しい特徴をもった水牛は希少価値ゆえ、段違いの高値がつくとのことでした。

 






Staff Note
21,22,
いたるところで、水牛を撫でているシーンが見られます。飼い主がいかに愛情を込めて育てているのがわかります。贈答される水牛は、最後には生贄にされる運命です。水牛を大事に育てることと、矛盾しているようにも思えるのですが、その真意はトラジャ族にしかわかりません。

 






Staff Note
23,24,
水牛マーケットの奥に行くと、豚のマーケットがあります。タナ・トラジャの豚は黒豚です。買われた豚はトラックに連れてゆかれます。

 






Staff Note
25,26.

闘鶏のマーケットもあります。ここは売買というよりも、品評会的な役割なのでしょうか。自慢の闘鶏を持ち寄って見せる場です。

 






Staff Note
27,28.

本格的な試合ではありませんが、練習でスパーリングをやっています。動きが早く、カメラで被写体を追うのは容易ではありません。







Staff Note
29,30.

飼い主は自慢げに自分が育てた闘鶏を披露しています。みんな強そうです。様々な種類の闘鶏がいて、色と形も異なっていることを始めて知りました。


← Part 3 へ    → Part 5 へと続く

 

 


スリランカ シギリアロックの旅



南インドのケララ
ボートで行き来して2つの島を
同時に楽しめる、
欲張りなリゾートが格安に!
モルジブ・アナンタラ・ディグ
気取ることなく寛げる
カジュアルなリゾート
個性あるビーチでまったりと♪
モルジブ

  タナ・トラジャ Part5

海外旅行傷害保険の手配はTRIPSで承っております

長く楽しめるプリザーブドフラワーを日本へ届けます!

シンガポールから日本へ蘭の花やフルーツをお届します

シンガポールやマレーシア、インドネシアでのゴルフ場の手配いたします

シンガポールへの視察旅行の手配は経験豊富なTRIPSで!


シンガポールでご宿泊されるホテルの手配いたします

シンガポールから日本や他の地域への航空券の手配いたします


| 会社案内 | お問合せ | プライバシー・リンクポリシー | サイトマップ |

Trips International Pte Ltd トリップスインターナショナル株式会社

63 Robinson Road #03-24 Afro Asia Building Singapore 068894
TEL : +65 6324 2811 FAX: 6324-1800 Email:trips@trips.com.sg
営業時間:月曜日~金曜日 09:00-18:00  土曜日 10:00-13:00
定休日 :日曜日、シンガポールの祝日はお休み

トップページ
お知らせ

ツアー案内
オーストラリア
パース
パース+ロットネス島
インド
カンボジア
インドネシア
バリ島
ビンタン島
ビンタン島ツアーのお申込み
ロンボク島
ポロブドゥール
ポロブドゥールとジョグジャカルタ
マナド
スラバヤ プロモ山
バタム島
トラジャ
スリランカ
タイ
プーケット
ピピ島
カオラック
サムイ
チェンマイ
クラビ
ベトナム
ホーチミン
ハノイ
ハノイ・フエ・ハロン湾
ホイアン
ホイアン・フエ・ダナン
ネパール
マレーシア
ランカウイ
マラッカ
コタキナバル
ペナン
セパン
クチン
ティオマン
レダン
ミャンマー
モルディブ
ラオス
クルーズ
その他の地域
ツアーお申込み

航空券
シンガポールから日本へ
日本以外のエリアへ
航空券お申込み
ゴルフ
インドネシア
ビンタン島
バタム島
シンガポール
ゴルフツアーお申込み

ホテル
シンガポール
ホテルお申込み

スタッフの視察眼

旅行保険
海外旅行保険のご案内
旅行保険お申込み

宅配ギフト
洋蘭 切り花/鉢植え
フレッシュマンゴ
冷凍フルーツ
宅配ギフトお申込み

お問合せ

会社案内

サイト利用規約

© Trips International Pte Ltd

+ Designed by eny studio +