旧正月限定!アンコールワット探訪2泊3日 (2月16日出発)

アンコールワット遺跡と11世紀に増築されたヒンドゥー寺院「プレアヴィヒア」と「ベンメリア遺跡」を2泊3日で見学するツアー 今やヨーロッパや日本を中心に世界中からアンコールワットツアーが急増中。 料金競争によるツアーのサービス内容やガイドの能力低下が問われておりますが「お客様第一」のトリップスではあくまでもツアーのクオリティを重視、安心&納得のサービスを提供します。

   トリップスのカンボジアツアーのポイント

  悠々自適、お客様のみでチャーター専用車をご用意!
  ご到着からご出発まで同一の日本語ガイドがご案内!
  観光中のショッピングはなし、遺跡観光を最優先!

バイヨン寺院(アンコール・トム)

一般的にアンコールの二大遺跡といえば、アンコールワットとアンコールトムのことです。
アンコールトムとは「大きな町」を意味しており、周囲を高さ8mほどもある城壁に囲まれている王の都であり、その中心的な役割を果たしていたのがバイヨン寺院です。バイヨン寺院といえば“クメールの微笑み”とも称されて いる塔の四方面に彫られている人面像(バイヨンの四面像)です。菩薩像を模しているといわれるお顔を眺めていると心がなごまされるという人は多いようで、 寺院内に49をもある四面仏の微笑みから、寺院のどこの位置にいてもその暖かいまなざしを感じることができます。レリーフは特に第一回廊のものが見事です。バイヨン寺院のレリーフはアンコールワットの宗教的・政治的なメッセージ性が強いのと比べ、庶民の日常生活の一コマや暮らしぶりが描かれているのが興味深いです。寺院内の建物の構造は立体的にもかなり入り組んでいて、複雑な迷路のようです。特にクメール建築の中では例外的に建物の内部の空間を作り出し ているので、そこを迷いながら巡る面白さもこの遺跡の魅力として加味されています。

南大門、象のテラス~ライ王のテラス(アンコールトム)

南大門から前述のバイヨン寺院見学を経て、北大門方向へ進むと左側にパブーオン、王宮前に構える象のテラスとライ王のテラスが見えてきます。南大門の四面 塔は顔部分の長さが3mほどもあり、参道の遠くからでも目を惹かれます。門に向かう参道脇の両側には神々と阿修羅がナーガの胴体を引き合う猛々しいばかいの108体(左右に54体づつ)の像が設えられてあります。

※南大門を抜けてからバイヨン寺院までの道のりは、トックトック乗車体験をご用意。
王宮の正面に地位する象のテラスは長さが350mほどもあり往時の権力の凄さが実感できます。壁のレリーフは象とガルーダ神が続き並ぶ構成でダイナミックなものです。ライ王のテラスにはより精巧なレリーフが残っています。

アンコール・ワット

ヒンドゥー教ではシヴァ神と並ぶ最高神のヴィシュヌ神に捧げられた寺院、と同時にアンコール朝の最盛期の王、スールヤヴァルマン二世を埋葬した墳墓でもあ ります。

本殿である中央祠堂を構成する5つの尖塔のうち、中央の塔は高さが65mもあります。
この塔こそが世界の中心であり、かつ神々が住むとされるメー ル山を象徴するものとしている、まさにヒンドゥー教の宇宙観に基づいて建造されています。寺院の周囲5.4kmにも渡り環濠がめぐらされ、塔門から本殿まで540mもあるスケールの大きさは、西参道から環濠を渡って進み、西塔門から近づいていくとそのスケールを実感できます。アンコールワットといえば、第一回廊のレリーフというぐらい有名で、インドの古代叙事詩「マハーバーラター」と「ラーマーヤーナー」を刻み込んだその壮大さは圧巻的で他に類をみません。中心部を巡ると、天井や壁のいたるところに施された浮き彫り、デバダーのレリーフ、窓の格子の独特の形状、十字回廊の4つの沐浴場など、時間は足りないぐらい見所がつきません。

※ 第三回廊への入場について

修復された第三回廊へは、オリジナルの急勾配の石段ではなく、脇にある特設の階段を上がって入場をすることが可能です。しかしながら入場数を制限している こともあり、長蛇の列となるのが常です。2泊3日のツアーでは、ここで長い時間待たされると、他の遺跡観光が日程どおりにこなせないため、通常の場合入場しません。ご希望をされる場合は3泊4日のツアーでアンコールワット観光に時間を割けるスケジュールを組み込むことをお勧めしますので、お気軽にご相談ください。

プレループ

2011年終わりごろからバケン山夕日鑑賞につきまして入場者数を制限しています。その為、夕日が沈む数時間前から入場するツーリストの光景もしばしば見られるようになり、遺跡の中に入れない事もございます。弊社では限られた時間の中で有意義にお過ごしいただくことを考慮し、4月から遺跡としても魅力あるプレループをご案内させていただくことと致しました。 アンコールワット遺跡群から東へ数キロ先に構えるプレループは、遺跡としての魅力も十分に兼ね備えています。まずは遺跡をゆっくりと味わってみてください、その後50メートルの頂上に登って見る夕日は絶景です。 グループツーリストはいるもののまだここを訪れる人はバケン山よりは多くないので、シーズンにもよりますが比較的ゆっくり鑑賞できます。

タ・プローム

周囲の壁から、昔は僧院であったこの遺跡に足を踏み入れると、異様で神秘的な空気に圧倒されてしまいます。内部は迷路のように入り組んでいて、あえて修復をせず崩れた岩の建材が瓦礫のように放置されている通路を巡ります。この遺跡にかぎっては、発見された当時の姿をほぼ維持している手付かずの状態で残されているのです。長年放置されていた建造物にはスポアン(ガジュマルの一種)が絡みつき異様な景観となっており、それは成長するに従って遺跡を覆い尽くし、潰さし、突き抜けているといった状態、まるで妖怪でも出てきそうな雰囲気があります。これは共存なのか、芸術なのか、成長ととるか、破壊ととるか、驚きと ともに見る人にテーマをあたえている、実に刺激的な遺跡です。

ベンメリア(アンコール遺跡群)

アンコール遺跡群のひとつとして世界遺産に登録されているが、場所はアンコール・ワットから離れること約40㎞、東方の森の中で眠っている寺院。宮崎駿監督作品のアニメ『天空の城ラピュタ』のモデルとも言われている。11世紀末から12世紀初頭の建設と推測されている。類似点が多いゆえ、おそらくはアンコール・ワットを建造するに先立ち、その試作モデルであったと言われる。建設技術が未熟であったがゆえ、原形をとどめないほど崩壊がすすんでいる。安全確保のため、足場と通路が築かれているが、建物自体の修復は施されないままに放置されているので、ほとんどが瓦礫の山と化し、遺跡というよりも廃墟の感が強い。探検気分で廃墟を巡る。苔がむし、樹木の根に浸食されている、自然と人間の共同作品、もしかしらたこれが完成形であるのではないか、そんなベンメリアならでは虚無感が漂っている。

(オプション)『ファー』カンボジアサーカス ※追加代金要

内戦後の疲弊したカンボジ アを「芸術の力」で復興させようと フランスのNGOが支援したことが始まりのショー。 アクロバティックなパフォーマンスだけでなく、物語性にも富んだ構成は、かの「シルク・ド・ソレイユ」を思わせます。 カンボジアの負の歴史に、若さ溢れるパフォーマーたちが挑む! シーズン中は連日満席になる人気のスポット!是非この機会をお見逃しなく!!!

ツアーのご案内

フライトスケジュール / MI : シルクエアー
2018年2月16日(金曜日)
2時間10分 MI-620 シンガポール発:08:40 / シュムリアップ 着:09:50
2018年2月18日(日曜日)
2時間15分 MI-617 シュムリアップ発:18:55/ シンガポール着:22:10


ツアースケジュール
1日目
2/16(金)

08:40
09:50
午前

シンガポールよりMI620便で空路シェムリアップへ
シェムリアップ着後、現地日本語ガイドがお出迎え
アンコールトム観光(南大門、バイヨン寺院、象のテラスなど)
カンボジア料理の昼食

午後

アンコールワット観光

夕刻

プレループにて夕陽鑑賞

夕食はカンボジア民族舞踊(アプサラダンス)をご覧いただきながらビュッフェを召し上がっていただきます。

朝:なし
昼:カンボジア料理
(AMAZON)
夕:ビュッフェ&ダンスショー
(KULEN Ⅱ)

2日目
2/17(土)
早朝 アンコールワットにて朝日鑑賞
ホテルへ戻り朝食
午前 朝食後、バンテアイスレイ遺跡観光へ
中華料理の昼食
午後

タプローム寺院、スラスランン、タケウ寺院の観光
カンボジア料理の夕食

夕刻

夕食後は、「ファーカンボジアサーカス」のオプションをご用意しております。 ※追加代金要
『ファー』カンボジアサーカス(20時開演 所要約1時間)
※追加代金が必要になります。
『ファー』カンボジアサーカス追加料金
A指定席(中央前方1~3列目) S$68
B自由席(中央後方4列目以降)S58
C自由席(サイド)S$30


『ファー』カンボジアサーカスとは・・
内戦後の疲弊したカンボジ アを「芸術の力」で復興させようと フランスのNGOが支援したことが始まりのショー。
アクロバティックなパフォーマンスだけでなく、物語性にも富んだ構成は、かの「シルク・ド・ソレイユ」を思わせます。 カンボジアの負の歴史に、若さ溢れるパフォーマーたちが挑む! シーズン中は連日満席になる人気のスポット!是非この機会をお見逃しなく!!!


※終了後はどちらもホテルまでお送り致します。

朝:ホテル
昼:中華料理(PARADISE ANGKOR VILLA)
夕:カンボジア料理
(YELLOW MANGO)

 

ホテル泊

3日目
2/18(日)
午前

ホテルにて朝食
ベンメリア遺跡

アジアンビュッフェの昼食

午後

18:55
22:10

トンレサップ湖、オールドマーケットへ
昼食後、空港へ
シルクエア617便にて空路、シンガポールへ
空路シンガポールへ。

朝:ホテル
昼:アジアンビュッフェ
(TONLE CHATOMOK)
夕:なし



ホテル別 プライスリスト
ストゥン シェムリアップ ホテル / STUENG SIEM REAP / スーペリアご利用
とにかく立地重視の方におすすめです。 オールドマーケットは目と鼻の先。これ以上ないくらいの立地抜群のホテルです。 オールドマーケット付近にはレストランや夜もにぎわっているので、非常に便利です。 ホテル内は木の温もりを充分に活かした造りで清潔かつ快適です。 繁華街にありながら、二重窓なので静かに滞在が楽しめます。 ホテルの敷地内は全室禁煙となりますので、喫煙者はご注意下さい。
旧正月ご出発 2018年02月16日のご出発
  ツイン シングル 大人
3人目
子供
ベッド有
子供
ベッド無
お一人様
催行料金
MI ご利用 S$1010 S$1130 S$970 S$700
S$620 -
★★★

ホテルURL
ソマデヴィアンコールブティック&リゾート / SOMADEVI ANGKOR BOUTIQUE & RESORT / EXECUTIVE DELUXE ROOM ご利用
シェムリアップ中心にあり、ナイトマーケットから徒歩約10分。屋外プールを囲むようにして立つ落ち着いた雰囲気の低層の建物。大きく取られた窓の木枠がナチュラルで明るいロビー。全室プライベートバルコニー付きの客室はゆったりとしています。清潔でシンプルながら、効果的に木目調のデザインがされ、おくつろぎいただけます。
旧正月ご出発 2018年02月16日のご出発
  ツイン シングル 大人
3人目
子供
ベッド有
子供
ベッド無
お一人様
催行料金
MI ご利用 S$1140 S$1360 S$1090 S$760
S$660 -
★★★★

ホテルURL

 

ツアーに含まれるもの
シルクエアーエコノミークラス往復航空券(マイレージ加算対象外・座席事前指定不可)
ホテル2泊 ・食事(朝2回/昼3回/夕2回)
日本語ガイド
エアコン付き混載バス
日程表にある遺跡入場料
※ファー・カンボジアサーカスに参加する方は別途入場料が必要です。

『ファー』カンボジアサーカス追加料金:
A指定席(中央前方1~3列目) S$53
B自由席(中央後方4列目以降)S$38
C自由席(サイド)S$27

ツアーに含まれないもの
【別途必ず発生する費用】
タックスおよび燃料サーチャージ(TAX/FUEL) (大人S$70 子供S$53)
当費用は、出入国に伴い必要となる税金、利用料、サービスチャージ および航空会社により決定される 燃油 サーチャージのことを示します。 尚、タックスおよび燃油サーチャージは、予告なく変更される場合がございますので、予めご了承ください。その際の超過費用は別途追加にて御請求させていただきます。

ビザ取得  (事前予告なく、変更する場合もございますので、ご了承ください。)
機内で配布される査証申請用紙(1枚)、パスポート写真1枚、取得費用US$20をシェムリアップ空港着後に ビザ手続きカウンターに提出して ビザを取得する事ができます。


【必要に応じてお支払いいただくもの】
ホテルでお客様がご利用になられた有料サービス料金
個人的な飲食代金
上記に記載のない個人的な出費



航空券について

【シルクエアーご利用の場合】

 

 

上記料金はQクラス(2名様から)ご利用の場合の料金です。
予約後のお名前の変更はできませんのでご注意ください。


ご注意
【ホテルについて】

ツアー料金はお1人様の料金です。
お部屋の延泊代金につきましては、お問い合わせください。

 

【現地の天候と観光内容に関してのご注意事項】

雨季のカンボジアの雨について 雨季の降水確率は、降らないときは1週間~10日以上に渡り全く降らない時期もあり、雨が多く降る時は明け方から、ほぼ1日中降ることもあります。 そしてまた、夜から朝方にかけて、まとめて降る時期もございます。その為、その年ごとに雨季における雨の降り方に違いがある為、明確な予測ができないのが現状でございます。
日の出鑑賞 近年の状況といたしまして、8月は明け方の降水確率が比較的少ない月でございます。 ただし、日の出鑑賞時の降水確率は比較的少ないのですが、雲が多い為、きれいな日の出鑑賞ができる確率は低くなります。 現地ガイドからの情報ですと、きれいな日の出が鑑賞出来たのは、ここ最近1ヶ月で2回程ということでございました。 雨季における日の出鑑賞は、前日のツアー終了後、個々のご意思とツアー中の天候、現地ガイドとのご相談の上、現地にてお決めいただくことをおすすめいたします。
夕日鑑賞 2011年終わりごろからバケン山夕日鑑賞につきまして入場者数を制限しています。 その為、夕日が沈む数時間前から 入場するツーリストの光景もしばしば見られるようになり、遺跡の中に入れない事もございます。 弊社では限られた時間の中で有意義にお過ごしいただくことを考慮し、4月から遺跡としても魅力あるプレループをご案内させていただくことと致しました。 アンコールワット遺跡群から東へ数キロ先に構えるプレループは、遺跡としての魅力も十分に兼ね備えています。 まずは遺跡をゆっくりと味わってみてください、その後50メートルの頂上に登って見る夕日は絶景です。 グループツーリストはいるもののまだここを訪れるツーリストは多くないので、シーズンにもよりますが比較的ゆっくり鑑賞できます。
現地事情によりスケジュールが変更となる場合がありますので ご了承下さい。
雨天の場合には夕日がご覧になれない場合がありますので ご了承下さい。
午前と午後の観光の間にはホテルでの休憩のお時間があります。(1日目はチェックインできた場合のみ)
ホテルによりましてはプールやマッサージなどの施設をご利用できます。
ホテル以外にもタイ式マッサージ店がありますのでガイドにお申し出下さい。
滞在中にお客様のショッピングのご希望を伺い、ご希 望がある場合は市内の民芸品店(1店のみ)にご案内させていただきます!
ツアー料金はお一人様料金です。
空港税は含まれておりません。
シルク航空エコノミーでお座席確保の場合は発券後の名前の変更はできません、 また取消しは取消し料がかかります。

 

【 お食事内容 】

お食事の手配が組み込まれている場合、現地状況により予告無しに内容や場所が変わる場合もございます。 あらかじめご了承ください。

 

【 ビザ取得 】

・機内で配布される査証申請用紙(1枚)、パスポート写真1枚、取得費用US$20をシェムリアップ空港着後にビザ手続きカウンターに提出してビザを取得する事ができます。 (事前予告なく、変更する場合もございますので、ご了承ください。)

 

【 遺跡入場について 】

アンコール遺跡入場の際、写真1枚必要でしたが、事前に撮った写真は今後無効となります。その場で写真撮影が必要となります。(写真撮影無料)(事前予告なく、変更する場合もございますので、ご了承ください。)

 

【その他】

原則は通常プライベート手配となりますが、 日本語ガイドが完全に不足する 超ピーク期間(プライベート手配が不可)のみ、当社内のお客様との混載ベースによるご案内となります。ご了承ください。
現地の業務提携の関係上、アンコール・クッキー(マダムサチコ)にご案内が不可となります。 万が一お客様の強いご希望がある場合は、お客様に事情説明の上、ガイド&車は周辺のホテル付近にて待機してお客様ご自身で直接ご訪問していただきます。ご了承ください。
滞在中にお客様を、ショッピング目的で市内のショッピング関連のお店に強制的にご案内することは一切ございません。
トリプル・ルームは原則ツイン・ルーム又はダブル・ルームにエキストラ・ベッドを入れるお部屋となります。 ご宿泊ご希望ホテルに3ベッド・ルームがある場合は優先してお部屋の確保をさせていただきます。 トリプル・ルームご予約で、エキストラ・ベッドをご利用される お客様は、他の2名様と同一料金となります。

 

キャンセルについて 2018年旧正月特別パッケージ予約手順及び条件書

予約確認書について
・書類が届きましたら、お名前のスペル・スケジュール・料金の確認をお願い致します。
・予約確認書上の発券期限日までにご連絡願います。
・ ご連絡がない場合、自動的にすべてのご予約がお取消となりますので、予めご注意下さい。
・予約確認書のお名前とパスポートのスペル(ローマ字)が違っている場合は速やかに連絡願います。
(チケット発券後のお名前変更には別途費用が発生いたしますのでご注意ください)
・ご予約前に必ずパスポートの残存期間をご確認下さい。シンガポール再入国時6ヶ月間必要です。

お支払いについて
申込金について : ご予約いただいた後、予約金をご請求させていただきます。
 ※大人お1人様あたり S$300
 ※子供お1人様あたり S$250
・申込金お支払期限 : 弊社からのコンファメーション(ご旅行確認書)お受取後7日以内にお願い致します。
・残金支払期限 : 11月26日(金)迄にお願いいたします。
・お支払方法 : 小切手、現金(ご来店にてのお支払いのみ)、クレジットカードがご利用頂けます。
チェックのあて先は「TRIPS INTERNATIONAL PTE LTD」です。
 ※クレジットカードでのお支払いの場合、下記の手数料が必要です。
・最終確認後、所定のご登録用URL をご案内させていただきます。
 ※VISA・MASTER JCB 2.8% / AMEX 2.0% / DINNERS 2.5%

ご予約内容の変更・取消料
申込金お支払後~2017年11 月25 日まで(弊社営業時間外は除きます)・・・・・・予約金のみ
2017年11 月26 日~12 月16 日まで(弊社営業時間外は除きます)・・・・・・ご旅行代金の50% 
2017年12 月17 日以降  (弊社営業時間外は除きます)・・・・・・ご旅行代金の100%
 ※上記の取消料金はお一人様につきご請求いたします。
 ※お取消/ご変更につきましては必ず弊社の営業時間内のご連絡をお願いいたします。
 ※営業時間: 月~金曜 09:00~18:00/土曜日 10:00~13:00
 ※日曜日・シンガポールの祝日はお休みをいただいております。

 

 


スリランカ シギリアロックの旅



南インドのケララ
ボートで行き来して2つの島を
同時に楽しめる、
欲張りなリゾートが格安に!
モルジブ・アナンタラ・ディグ
気取ることなく寛げる
カジュアルなリゾート
個性あるビーチでまったりと♪
モルジブ

  モルディブ vol.1

海外旅行傷害保険の手配はTRIPSで承っております

シンガポールから日本へ蘭の花やフルーツをお届します

シンガポールやマレーシア、インドネシアでのゴルフ場の手配いたします

シンガポールへの視察旅行の手配は経験豊富なTRIPSで!


シンガポールでご宿泊されるホテルの手配いたします

シンガポールから日本や他の地域への航空券の手配いたします


| 会社案内 | お問合せ | プライバシー・リンクポリシー | サイトマップ |

Trips International Pte Ltd トリップスインターナショナル株式会社

24 Peck Seah Street #02-07 Nehsons Building Singapore 079314
TEL : +65 6324 2811 FAX: 6324-1800 Email:trips@trips.com.sg
営業時間:月曜日~金曜日 09:00-18:00  土曜日 10:00-13:00
定休日 :日曜日、シンガポールの祝日はお休み

トップページ
お知らせ

ツアー案内
オーストラリア
パース
パース+ロットネス島
インド
カンボジア
インドネシア
バリ島
ビンタン島
ビンタン島ツアーのお申込み
ロンボク島
ポロブドゥール
ポロブドゥールとジョグジャカルタ
マナド
スラバヤ プロモ山
バタム島
トラジャ
スリランカ
タイ
プーケット
ピピ島
カオラック
サムイ
チェンマイ
クラビ
ベトナム
ホーチミン
ハノイ
ハノイ・フエ・ハロン湾
ホイアン
ホイアン・フエ・ダナン
ネパール
マレーシア
ランカウイ
マラッカ
コタキナバル
ペナン
クチン
ティオマン
レダン
ミャンマー
モルディブ
ラオス
クルーズ
その他の地域
ツアーお申込み

航空券
シンガポールから日本へ
日本以外のエリアへ
航空券お申込み
ゴルフ
インドネシア
ビンタン島
バタム島
シンガポール
ゴルフツアーお申込み

ホテル
シンガポール
ホテルお申込み

スタッフの視察眼

旅行保険
海外旅行保険のご案内
旅行保険お申込み

宅配ギフト
洋蘭 切り花/鉢植え
フレッシュマンゴ
冷凍フルーツ
宅配ギフトお申込み

お問合せ

会社案内

サイト利用規約

© Trips International Pte Ltd

+ Designed by eny studio +